【動画 Vlog】古き良き風景妻籠

こんにちは。

『動画』でもっと『旅』を楽しくをモットーにブログを書いていおりますnanatoです。

今回は、長野県南木曽に位置する

『妻籠宿』へ行ってきました。

妻籠の街並みや雰囲気も含めまずは動画をご覧下さい!

妻籠って名前は聞いたことあるけど、よく知らないって人多いと思います。

僕も観光ポスターでしか見た事なくて実際行ってみたら、これがまた美しい美しいでした。笑

今回は、妻籠の魅力についてご紹介したいと思います。

【目次】

  1. 妻籠って?
  2. 街並みと魅力
  3. 妻籠グルメ

1.妻籠って?

妻籠は現在、長野県南木曽の蘭川(あららぎがわ)の東岸に位置する村のことです。

昔は、江戸と京都を結ぶ五街道の1つ「中山道」の道中の宿場町として栄えていたそうです。今で言う東海道線のパーキングエリア的な役割だったのかと思います。

しかし、その当時は全国で過疎化が問題視されており、妻籠も人口減少が原因で次第に廃れて行きました。ただ、自分たちの街に価値を見つけ、いち早く村を上げて建物の保存に取り組んだおかげで現在も観光地として栄えるようになったのが妻籠なんだそうです。

2.街並みと魅力

妻籠と言えばこの古い街並みが有名ですよね。

僕もそれに魅せられて妻籠へ行ったわけですが、控えめに言ってほんとにタイムスリップしたようでした。

古い道並みって色んなところにあったりはしますが、道が舗装されていたりビルが混ざっていたり電線がごちゃごちゃしてたりして色々残念な感じありますよね。

でも、ここ妻籠宿は電線どころかビルなんて一切ないし周りが山に囲まれていて、江戸時代に迷い込んだような感覚になります。

あと、なんと言っても妻籠の魅力は、『時間の流れ』です。動画でも感じて頂けたかと思いますが、時間がゆっくり流れてます。

街並みも人も食べ物も現代では考えられないものが多く、それでも子供たちが楽しそうに遊んでいて、『物質的な豊かさ』は無くても豊かな生活を送っているのが分かりました。

この感じは自分たちの住んでる場所では絶対に味わえないし、妻籠ならではのものだと思いました。

3.妻籠グルメ

妻籠のグルメめっちゃ美味い。

妻籠というかは木曽グルメと言った方が正しいかも知れませんが、妻籠のグルメは素晴らしいです。

王道『五平餅』。

これは妻籠来て食べない手はないです。おばあちゃんが丁寧に味付けして焼いてくれます。

この街並みと五平餅の組み合わせは最強でした。

食べかけで本当申し訳ないんですが、『おやき』です。笑

肉まんとはまた違います。これは野沢菜が入ったピリ辛おやきなのですが、生地が凄いしっかりしていて1個で割とお腹満たされます。

デザートは『干し柿の栗きんとん』。

栗きんとんて僕は普段なかなか食べることないですが、すごい懐かしい味しました。栗の味がしっかりしてほんのり甘くてお茶と相性抜群です。

妻籠散策で疲れたらこれで決まりですね。笑

いかがでしたでしょうか。

食べ歩きもできて美しい街みれて妻籠最強。

名古屋からなら高速で2時間位でいけちゃいます。非日常感が欲しい方、是非行ってみてください!

合わせて読みたい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。